NHKの看板報道番組「ニュースウオッチ9」(月〜金曜後9・0)でリポーターを務める松苗竜太郎アナウンサー(31)が今春、同局を退職して大手電機メーカー、富士通の広報マンに転身することが26日、分かった。将来を期待されたエースアナ候補が、コロナ禍で自らの進路を見つめ直して第2の人生を決断。局内にも驚きの声が上がっている。

 キリッとした顔立ちと的確なリポートで活躍する実力派アナ。父はテレビ朝日の元人気アナでアナウンサー養成学校「テレビ朝日アスク」の松苗慎一郎社長(63)というサラブレッドが、意外な人生の選択をした。

 複数の関係者によると、25日に31歳になったばかりの松苗アナは、近くNHKを退職。今春、富士通(本社・東京)の広報部に所属することが内定した。情報・報道番組で培ったアナウンス力や旺盛な好奇心、コミュニケーション力を武器に、同社製品の紹介機会や会見に登壇し、司会などを務めることになる。

 富士通といえば、パソコンや携帯端末の開発のほか、昨年は理化学研究所と共同開発したスーパーコンピューター「富岳」が、計算速度のランキングで世界首位を獲得。東京五輪男子マラソン代表、中村匠吾(28)ら一流アスリートも多数擁しており、「スポーツなど各種イベントでも発信力に期待したい」という声もある。

 松苗アナは2012年にNHKに入局。地方局で腕を磨いた後、昨年3月から東京アナウンス室に異動となり、「ニュースウオッチ9」の現場リポーターに抜てきされた。台風中継など不測の事態にも臨機応変に対応できるスキルで、周囲からは「将来のエースアナ候補」と言われてきた。

 しかし、コロナ禍で世の中が激変する中、人生の転機が。オーディオ機器をいじりながら映画鑑賞をすることが癒やしと公言しているだけあり、電化製品に“親近感”を持つようになった。本来は報道だけでなくトークやバラエティーも担当したかったといい、将来の道を改めて探るうち、「自分は企業の広報マンが向いている」と思い定めたようだ。

 今回の転身はNHK内でも周知されておらず、本紙の取材に「えっ、あんなに優秀な人が?」と驚く局員も。松苗アナは幅広い見識を生かし、新天地で活躍することになる。

◆アナの異色の転身

 ★服部友一氏(32) 鹿児島読売テレビから2019年にプロ野球・西武の広報となり、報道陣に対応している

 ★菊間千乃氏(48) フジテレビ在籍中から大宮法科大学院に通い、2007年に退社後、10年に2回目の挑戦で司法試験に合格。弁護士として活躍している

 ★内藤裕子(44) NHKから2018年に芸能事務所、生島企画室所属のフリーアナに。また、カレー伝道師として独自のレトルトカレーを開発し、昨年から通信販売して話題に

松苗 竜太郎(まつなえ・りゅうたろう)

 1990(平成2)年1月25日生まれ、山口県出身。2012年、NHKに入局。山口放送局で「情報維新!やまぐち」のキャスターなどを務め、17年に大阪放送局に異動し、「ウイークエンド関西」のキャスターなどを担当した。昨年3月から「ニュースウオッチ9」のリポーターとして活躍中。趣味・特技は映画鑑賞、電気店巡り。既婚。