とんねるず石橋貴明(59才)との結婚を機に一旦は芸能活動を休止していたものの、2011年より本格的に女優復帰し、現在も各方面で活躍している鈴木保奈美(54才)。最近では、昨年9月に都内に“別宅”としてマンションを購入したと報じられている。

 石橋とは幾度となく“不仲説”を囁かれたこともあり、夫婦関係がギクシャクした結果、“おひとりさま生活”を見据えて、マンションを購入したとも言われている。また、現在は石橋が社長を務める事務所の所属となっている鈴木だが、昨年7月には実姉が代表を、母が取締役を務める個人事務所を設立しており、それもまた“おひとりさま生活”への準備なのではないかとも噂されている。

「ここ最近、鈴木さんは仕事を増やしており、収入が増えていることから、節税を目的とした会社である可能性も指摘されています」(芸能関係者)

 昨年は『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)、『35歳の少女』(日本テレビ系)という2本の連続ドラマに出演。さらに、1月8日公開の映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』にも出演している。また、昨年12月には『婦人公論』の連載をまとめたエッセー集『獅子座、A型、丙午。』(中央公論新社)も刊行されるなど、幅広い活躍を見せている。

 1980年代後半から1990年代にかけて、数多くのトレンディードラマに出演し、トップ女優となった鈴木は、出産と子育てを経て、再び黄金期を迎えようとしている。その人気の背景について、エンタメ情報に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「元々とても人気の高い女優さんだったので、活動休止したことを残念に思っていた人も多かったはず。そして、ここ1、2年でついに活動が本格化してきて、“待ってました”と歓喜する視聴者が増えてきているのではないでしょうか」

 ネット上でも、そんな鈴木に対する支持率は高い。「別宅購入」のニュースに対してはこんな声が投稿されていた。

〈自分で稼ぎ、子どもも育ち、今まで家族を優先しながら自分のやりたいことできなかった分、伸び伸びできるなんて理想〉
〈お金があるし子供も大きくなり 保奈美さんはいつまでも美人 そして別宅を持つ 羨ましい人生じゃないの。。。〉
〈ベテラン夫婦でお金に余裕があるなら、互いに別宅を持ち、たまに会うぐらいが丁度いいと思う。理想的〉

 子育てが一段落したところで、夫婦それぞれがやりたいことをやるようになった石橋と鈴木の関係に、羨望の眼差しを送るネットユーザーも多いのだ。

「トレンディードラマに熱狂していた世代の視聴者が、今もなお鈴木さんを支持しているのだと思います。金銭的な余裕や、夫婦のあり方という点も含めて、“理想の女性”というイメージとなっているのでしょう」(大塚氏)

 夫である石橋は、2018年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了し、テレビ出演は減少したが、昨年6月にYouTubeの公式チャンネル『貴ちゃんねるず』を開設。チャンネル登録者数は148万人(2021年1月17日現在)で、100万回以上再生される動画をコンスタントに公開し、高い人気を誇っている。

「鈴木さんだけでなく、石橋さんもまた、新たな“黄金期”を迎えようとしています。お互いの活躍がお互いを刺激して、相乗効果を生み出しているようにも見えますね。50代になって夫婦がそれぞれ、仕事のペースを上げているという点に、視聴者が勇気づけられる部分も多いのではないでしょうか」(大塚氏)

 ギクシャク説もあるが、同時に“理想の夫婦”でもある、石橋貴明鈴木保奈美。この2人の活躍が、今後も見られそうだ。