miteのブログ

芸能ニュース

小栗旬ドラマ「日本沈没」は放送1年先…コロナ禍での早々発表に疑問の声噴出

 TBSの「日曜劇場」枠で、2021年10月期から「日本沈没 −希望のひと−」が放送されることが、正式に発表された。これが11年ぶりの同枠主演となる小栗旬(37)を軸に、出演者は松山ケンイチ(35)、杏(34)、仲村トオル(55)、香川照之(54)と、かなりの豪華キャストだ。

 原作は1973年に刊行され、一大ブームを巻き起こした小松左京氏によるSF小説。だが「日本沈没 −希望のひと−」では舞台を2023年の東京にアレンジするようで、小栗演じる野心家の環境省官僚・天海啓示もオリジナルキャラクターだ。

「2021年10月期と、放送はまだかなり先。それを主要キャストやあらすじを含めてもう大々的に発表するとは、いかにTBSがこのドラマに力を入れているかが分かります。ただ、いかんせんコロナ禍で全世界が疲弊しているこの時期に『日本沈没』というワードは、ちょっとタイミングが悪かった。刺激的すぎたようで、ネット上の反応が芳しくないんですよね……」(テレビ誌ライター)

 確かに、ドラマ制作発表に関する記事には、〈いま、このタイミングでそんなドラマ見たくない〉〈つらいこの時期に、つらいドラマは見られない〉〈コロナだけではなく、ここ数年、自然災害が猛威を振るっています。それなのにドラマでまでそんな内容を見るのは……〉などと、どうもネガティブな意見が多い。

■TBSの“賭け”

 ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏は「そこは、TBSサイドも考えているはず。だからこそ『日本沈没』だけではなく、その後に『希望のひと』というサブタイトルが付けられているのかと」と、こう続ける。

「最初のドラマ化である1974年放送の『日本沈没』を視聴した際には、確かにいろいろと衝撃や不安を覚えました。五木ひろしさんの歌う主題歌『あしたの愛』が、見る者をさらに悲しみのどん底へ誘うというか……ただ、2021年版のテーマは『未来への希望』。困難に負けず、強く立ち向かう人びとをメインに描くようですから、人間というものの底力を再認識できる、勇気をもらえる作品になる可能性もありますよね」

 主演の小栗は2022年の大河ドラマ、三谷幸喜作の「鎌倉殿の13人」でも主演を務めることが、すでに発表されている。21年、22年はちょっとした小栗ブームが起きそうな予感だが、それだけに「日本沈没」の今この段階での否定的な意見は気にかかるところだ。

 前出の山下真夏氏が言う。

「公開中の映画『罪の声』で主演を務める小栗さん。記者である意味を見失ってしまった新聞記者を演じています。ある事件を追ううちに、また記者としての矜持を取り戻すのですが……ひょうひょうとしながらも、実は熱い記者魂をまだ心のどこかにくすぶらせていたんだと、見る者を納得させるいい演技を見せてくれています。ノリにノッている小栗さんなら、『日本沈没』でもきっと視聴者を引き込み、納得させるだけの演技を見せてくれるはずです」
 
 これまで何度も映像化された「日本沈没」。視聴者の反応は早くも“沈没気味”だが、放送までにはコロナ禍が沈静化している可能性もある。

「とはいえ、放送までに日本経済がどうなるかも不透明で、『日本沈没』というワードに視聴者が拒絶反応を示す恐れもあります。それが主演の小栗の評価にも影響するかもしれません。ちょっとした“賭け”でしょう」(在京キー局関係者)

 “希望編”として、TBSはどんな新たな展開を見せてくれるのか。2021年版の放送が待たれるところだ。 
ロリポップ!レンタルサーバー かに本舗 通常