miteのブログ

芸能ニュース

“芸人が結婚するとつまらなくなる説”は本当? ラジオの中身で比べてみた

 先月、人気お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史が結婚を発表した。

 お相手は10年来の友人であった30代の一般女性で、ラジオでの“女性蔑視発言”で世間からのバッシングに苦しんでいた時期に岡村を支えたという。


10月に結婚したナイナイ・岡村隆史 ©️時事通信社

「芸人は結婚するとつまらなくなる」というジンクス

 岡村といえば、女性が苦手で幸せな恋愛に恵まれない「非モテ芸人」というイメージがあった。そしてそんな「非モテ」キャラをいじられることで自己肯定感が低くなり、またモテない原因となるのが、非モテ芸人の悲しきスパイラルだった。

 だがここ数年、岡村だけでなく、そんな「非モテ」をアピールしていた芸人たちの結婚が相次いでいる。南海キャンディーズ山里亮太や、オードリーの若林正恭の結婚は記憶に新しい。

 ただ、お笑いの世界には「芸人は結婚するとつまらなくなる」というジンクスがいまでも根強くあり、それを公言する芸人も多い。そして、結婚したことによるキャラクターの変化が顕著に出るのが、テレビよりも自由が利く分、芸風の出やすいラジオなのだ。

山里は愛妻・蒼井優を“ワオンさん”と……

 2003年に相方のしずちゃんと「南海キャンディーズ」を結成した山里は、2004年・2005年のM-1グランプリに出場しブレイクを果たした。いまでは数々の番組レギュラーを持ち、お笑い界では出世頭に数えられる。

 もともと山里は非モテ芸人として、周囲にイジられたり、幸せな人に対してのヒガミ芸を披露したり、その卑屈なキャラクターに人気がついていた部分も大きかったように思う。

 そんな山里を見る世間の目が一気に変わったのが、昨年のことだ。

 6月に人気女優・蒼井優との結婚を発表。非モテ芸人と超人気女優の交際2か月のスピード婚に、日本中が「まさか」という声をあげた。AbemaTVで配信された結婚記者会見は総視聴数が732万を突破し、世間の衝撃度を物語っている。会見にはキューピッドとなった相方のしずちゃんも参加した。

 その夜、山里は自身のラジオ番組「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)に生出演し、あらためて結婚を報告。これまで人の幸せをやっかむことで笑いを取るキャラだったとして、「幸せになることがあんまり良くないかなと思って。幸せになったら、リスナーのみんなが俺のラジオなんか聞く意味なくなって、楽しくなくなるかなとずっと思ってて、だから結婚することが怖くて…」と涙を流した。

 さてその後、ラジオはどうなったのか――。

 残念ながら当人の予想は悪いほうで当たった。ネット中心に「ノロケばかりで、寒い」という声が聞かれるようになったのだ。

 実際に裏番組の『乃木坂46オールナイトニッポン』(ニッポン放送)にも聴取率で敗れ、先輩の伊集院光から「ニッポン放送に負けてもいいんだよ。(聴取率は)基本的に運なんで。どこにアンケート紙が配られたか、みたいな話になってくるから。それ、一喜一憂することではない」と慰められていた。ただ、話がウリの芸人が、アイドルにラジオで敗れるというのは由々しき事態にも見える。

「山里は、蒼井のことを『ワオンさん』と呼び『うちのワオンさんがさぁ、まいっちゃうよ』とたびたび嬉しそうに愛妻のエピソードを披露しています。ただ、それが自虐という皮をかぶった自慢話とも取られ、大きな笑いが起るわけでもなく、リスナーからすると『ただのノロケ話』になってしまう。家族の話自体は決して悪いことではないと思うのですが、“非モテ”の頃の毒のある山里を知っているリスナーが求める内容とズレが出てしまっている印象です」(芸能担当記者)

「リスナーが離れていくのでは」と結婚直後に心配していた山里の、恐れていたことが起りつつある。

オードリーのラジオ人気が落ちない理由は……

 もう1人、結婚後にノロケ話が増えたのが、オードリーの若林だ。

 若林は、2000年に春日俊彰とコンビを結成。2008年のM-1グランプリでは、敗者復活戦から決勝に進み、準優勝。以来、安定した人気で、「2020上半期番組出演本数ランキング」では、若林が266本で3位、春日が219本で8位と、2人揃ってトップテン入りを果たしている。

 若林は2009年に『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で極度の人見知りであることを告白して以来、「人見知り芸人」の代名詞となってきた。恋愛についても、「女性と話すのが苦手」と語っている。

 しかしその後、“ガールズバー通い”を経て人見知りを克服。2018年には女優の南沢奈央との交際が発覚し、その翌年には自身のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で15歳年下看護師の女性との結婚を発表することとなった。

 山里と同じく非モテキャラだった若林。

 結婚後のラジオでは「いい加減、年の差婚って言われるの飽きたヨォ〜」と嬉しそうに語ることもあった。そんな幸せ真っただ中の若林に、山里同様の違和感を覚えるリスナーもいるだろう。ただ、オードリーは山里とは違ってこの秋の聴取率でも28回連続で全局中首位を獲得するなど、リスナー離れは見られない。

 その理由は、同じく去年結婚した相方の春日の存在のように感じる。

 春日は今年5月に第1子が誕生し、家庭についてもたびたび言及するのだが、こちらはリスナーからは意外にも快く受け入れられている。

 山里と春日の違いはどこにあるのか――。

 それはひとえに妻となった女性のキャラクターということになるだろうか。11年の交際を経て結婚した春日の奥様は、エピソード自体が非常に面白い。だからこそ聞くに堪えるし、ノロケ話が寒くならないのだ。

リスナーからの人気も高く再登場を望まれる“クミさん”

 春日がプロポーズ直前に、写真週刊誌「フライデー」で浮気疑惑を報じられたときも、妻・クミさんはラジオに電話出演。

「一番悪いのは、そこにいる変態野郎」

「お前はまだしゃべる権限はない」

 そんな風に春日をバッサリ切り捨てた。リスナーからの人気も高く、クミさんの再登場を心待ちにしているファンも多い。そんな春日ファミリーの“内助の功”もあり、オードリーのラジオは変わらぬ人気を維持できている。

 さて、長年の独身期間を経て、見事に幸せをつかんだナイナイ岡村

 芸人のプライベートが垣間見られる家族の話は、ファンとしても大いに聞いてみたい。しかし、空気に合わないノロケ話が過ぎるようであれば、山里や若林のように「岡村は変わってしまった…」とリスナーが離れてしまう恐れもある。長らく恋愛に縁がなかったものの急に結婚した人は、途端に上から目線で独身にアドバイスを与える、というのも世間ではよくある話だ。

 一方で春日のように、上手に伴侶の話を笑いに変えることができれば、更なるファン層の開拓にもつながるのだろう。

 結婚して好感度が上がるのか下がるのか――ラジオを通して芸人としての真価が問われるタイミングなのかもしれない。

 
ロリポップ!レンタルサーバー かに本舗 通常