miteのブログ

芸能ニュース

おりもりお、お金持ちのGI馬主と結婚 父・政夫と同じXmasに婚姻届

 俳優、おりも政夫(67)の長女で女優、おりもりお(29)が昨年の菊花賞馬、ワールドプレミアなどの馬主で実業家、大塚亮一氏(46)と12月25日に結婚することが22日、分かった。挙式・披露宴は来年を予定。1年8カ月の交際を経て、両親と同じクリスマスに婚姻届を提出するりおは、結婚を機に芸能界を引退し、多忙な夫を支えていく。

 おりもの長女、りおがGI馬オーナーと1年8カ月の交際期間を駆け抜け電撃ゴールを決める!!

 17歳下のりおのハートを射止めた大塚氏は大阪に本社を置く大塚総合税理士法人代表で昨年の菊花賞馬、ワールドプレミアの馬主として有名だ。

 「いい夫婦の日」で大安のこの日、りおと大塚氏は連れ立って本紙に来社し、結婚を報告した。

 挙式・披露宴は来年以降を予定している2人が「忘れないように」と選んだ結婚記念日は、おりもと元女優の松岡かおりさん(57)夫妻と同じ12月25日。「母が一緒だね、と喜んでくれました」とほほ笑んだ。

 出会いは昨年3月、歌手の前川清(72)が座長を務める大阪・新歌舞伎座公演にりおが出演。前川と馬主として交流のあった大塚氏が、公演後の食事に参加したことがきっかけだった。

 その後、おりもも食事に同席し“父公認”で同4月に交際がスタート。大阪と東京の遠距離恋愛は、競馬場デートで愛を育んだ。競馬と無縁だったりおは、熱く語る大塚氏の専門用語や情報を常にインターネットで検索。りおの言葉遣いや立ち振る舞い、柔らかい雰囲気にひかれたという大塚氏が今年4月、「結婚をしよう」とプロポーズ。りおも「何かに夢中になっている姿がすてきだった」と快諾した。

 「嫁に出したくない」と上から読んでも下から読んでも「おりもりお」と名付けた父と母に今夏、りおが結婚を伝えると「おめでとう」と祝福。一方の大塚氏は「両親は結婚をしないと思っていたようでびっくりしていた」と照れた。

 先月10日、コロナ禍で行き来を控えていたおりも夫妻へのあいさつが実現。大塚氏の「結婚します」に夫妻は大喜びした。りおは「愛のある家庭を築けたら。子供は2、3人ほしい」と幸せオーラ全開。大塚氏の愛馬、ワールドプレミアが参戦する29日のジャパンカップで優勝すればダブルのオメデタになるだけに注目が集まりそうだ。

おりも りお

 本名・織茂璃穏。1991(平成3)年8月8日生まれ、29歳。東京都出身。実践女子大卒。2014年にテレビ東京系「刑事の十字架」で女優デビュー。同年秋に演歌歌手、天童よしみ(66)の座長公演で初舞台。以降、タレント、コロッケ(60)や演歌歌手、島津亜矢(49)の公演で経験を積む。16年にミス日本コンテストでミス着物を受賞。特技はバスケットボールと水泳。166センチ。

大塚 亮一(おおつか・りょういち)

 1974(昭和49)年10月23日生まれ、46歳。大阪府出身。大塚総合税理士法人代表。JRAの馬主としても知られ、30頭以上の現役馬を所有。京都馬主協会常務理事、日本馬主協会連合会常任監事を務めている。これまでの主な所有馬には、昨年の菊花賞馬ワールドプレミア、17年の府中牝馬S優勝馬クロコスミアがいる。

 
ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!

パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

【B.A RED】本格エイジングケアを始めたい方、必見!