miteのブログ

芸能ニュース

TWICEにパンツをあげていた福山雅治に批判の声「吐きそう」「セクハラしてるだけ」

 TWICEと福山雅治の驚くようなエピソードに、視聴者の一部から批判が起きている。

 TWICEと福山雅治は11月13日放送『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で共演。TWICEは韓国からのリモートで、福山は東京のスタジオでの出演だった。

 TWICEと福山雅治は2年前にも『ミュージックステーション』で共演したことがある。そのときは両者とも同じ東京のスタジオで生出演していたが、モモが当時の仰天エピソードを披露したのである。

<放送後にひとりひとりにパンツをプレゼントしていただいて、すごくびっくりしたのを驚いています>

 これを受けて福山は<迷惑なオジさんでしたね。ごめんなさいね、本当に。失礼しました>と謝罪しつつも、<嬉しかったです>とモモに社交辞令を言われると、<必要であれば送りますんで、また>と言葉を添えていた。

 リーダーのジヒョなど、この一連のやり取りを横で聞いて笑っているメンバーもいたが、カメラに抜かれたツウィやチェヨンは明らかに微妙な表情を浮かべていた。

 『ミュージックステーション』でのパンツエピソードを受けてSNS上では「TWICEにパンツをプレゼントした事を嬉々として話しちゃうのおっさん過ぎて吐きそう」「イケメンだろうがなんだろうが50くらいのおっさんが若い子にセクハラしてるだけじゃん」「ファン怒らないのこれ?」といった意見が書き込まれた。

 ほとんど交流もないであろう30歳近く年の離れた共演者の男性からいきなりパンツをプレゼントされた彼女たちの戸惑いは想像するにあまりある。

 

 福山雅治は下ネタ好きなキャラクターとしておなじみであり、長くパーソナリティーを務めた『福山雅治オールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、嬉々として下ネタトークを繰り出し人気を博していた。

 テレビのバラエティ番組でもそういったノリのトークは多々あったものの、これまでは「そういうキャラだから」「かっこいいから」と特例扱いで許されるようなところがあった。

 とはいえ、ここ最近はその傾向も変わりつつある。昨年4月に出演したドラマ『集団左遷!!』(TBS系)の試写会では、共演女優に対して行ったセクハラには批判の声が集まったのだ。

 この日の会見に共演者の神木隆之介中村アンらと出席した福山は、このドラマで初共演した橋本真実に対して<普段の状態から、お衣裳を着られてメガネをかけて、髪を束ねられた時のこのセクシーさですよね。あまりにもセクシーだったので、言わずにはいられなかった>と発言。

 それを受けて中村から<私には言ってくれなかったのに……>とツッコミを入れられた福山は、<言わないってことはもっとやらしいことを思ってるってことだよ!>とリアクション。これに対してネット上ではセクハラだという指摘が少なくなかった。

 世の中の価値観は急速に変わりつつあり、「イケメン無罪」とネタにして笑えた時代はすでに遠い過去だ。

 
ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!

パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

【B.A RED】本格エイジングケアを始めたい方、必見!