miteのブログ

芸能ニュース

終わらない「志村ロス」…盟友いしのようこは思い出話に泣き笑い 東村山駅前はに銅像計画

 志村けんさん(享年70)が、新型コロナによる肺炎で3月に急逝してから半年以上が経つが、いまだに“志村ロス”が続いているようだ。

 16年続いた「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)は、園長不在のまま番組が継続していたが、9月末についに終了。10月からは相葉雅紀(37)がMCを務める「I LOVE みんなのどうぶつ園」がスタート。8月22日に「24時間テレビ」(日テレ系)の中で放送されたスペシャルドラマ「誰も知らない志村けん〜残してくれた最後のメッセージ〜」は22・6%の視聴率を記録した。キー局関係者はこう話す。

「コロナで“お別れの会”なども開催できないままですが、特にTBSとフジテレビは『全員集合』や『バカ殿様』など膨大な数のコントのストックがあるので、一周忌などのタイミングでまた追悼特番が組まれるはずです」

 一方、現在、地上波で志村さんの往年のコントが見られる番組は、深夜の「志村友達」(フジテレビ系)だけ。毎回、ゆかりのあるゲストが登場し、コントの映像を見ながら、MCの大悟(40)や柴田英嗣(45)と共に思い出話に花を咲かせる内容だ。

 ゲストはすでに、ダチョウ倶楽部研ナオコ吉幾三八代亜紀といった面々が登場しているが、10月27日、11月3日深夜の放送では「だいじょうぶだぁ」(1987〜93年)の“盟友”いしのようこ(52)が出演した。

 いしのは当時、収録後に食事に誘われても行かずに帰っていたと言い「当時、(収録の)終わりは2、3時が当たり前だったので、それから飲みに行こうなんて『ふざけんな』と思っていた」といささか涙目になりながら笑顔で語った。さる芸能関係者はこう話す。

「当時、志村さんといしのさんが交際していたことは公然の秘密でした(笑い)。しかし別れた後もいしのさんは、志村さんの舞台にゲスト出演したり、志村さんと雑誌で対談したり、月日が流れても、いい関係を続けてきたんです」

村山駅前に銅像設置
 さらに、共演者のみならずファンの間でも“志村ロス”は続いている。

 志村さんの生地・東村山市では、地元有志により、東村山駅前に志村さんの銅像を建てるプロジェクトが進行中だ。

 クラウドファンディングで資金援助を募っていたが、募集締め切り2日前の先月28日、目標額の2400万円を達成。最終的には約6500人のファンから2700万円超の支援が集まった。志村さんの兄・知之さんは「多くの人のご支援に感謝しかありません」とコメントしている。

銅像は来年夏に設置予定で、ポーズなどは検討中だそうです。都内には『こち亀』の両さんや『サザエさん』のキャラクターなどの銅像がありますが、実在の芸能人の銅像といえば、柴又駅前の『男はつらいよ』の車寅次郎(渥美清)くらいで、珍しいと思います」(スポーツ紙記者)

 素顔はシャイだった希代のコメディアンは、共演者やファンの言動に、空の上から苦笑いしているかもしれない。

 
ロリポップ!あなたも月々100円(税抜)~でブログデビュー!

パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

【B.A RED】本格エイジングケアを始めたい方、必見!