miteのブログ

芸能ニュース

大下容子アナは60歳で現役バリバリ 完全に死語になった「女子アナ30歳定年説」

 テレビ朝日の役員待遇のエグゼクティブアナウンサーで、「大下容子ワイド!スクランブル」でMCを務める大下容子アナ(50)が、ウェブサイト「telling,」のインタビューで「女子アナ30歳定年説」が唱えられていたころの自身の悩みや戸惑いを吐露している。

 大下アナは、28歳から「ワイド!スクランブル」に出演していたが、30歳の誕生日の直前には、「アナウンサーとして、もうダメなのかな」と思ったこともあったそうだ。

 また、雑誌で「最も地味なアナウンサー」と書かれたこともあり、“自分は華がない”と自覚しており、自分とは対極のキラキラしたアナには憧れを持っていたという。今は「この年齢で女性アナウンサーが番組に出ることは、入社当時は考えられませんでした。とてもありがたく感じています」と語る。

 ソフトな語り口が人気の大下アナは、慶応大学を卒業後、1993年、同局に入社。当時、日本テレビでは永井美奈子藪本雅子米森麻美らの女子アナユニット「DORA」が「夜も一生けんめい。」でミニスカート姿で歌い、フジテレビでは88年入社の有賀さつき河野景子八木亜希子の3人が「花の三人娘」としてもてはやされていた。

 女子アナ評論家の松本京也氏はこう話す。

「“第1次女子アナブーム”の頃ですね。女子アナが週刊誌などで取り上げられるようになり、テレビ局も女子アナの商品価値に気付き始めた。この頃から“女性アナウンサー”が“女子アナ”と呼ばれるようになり、アイドル的な人気を持つようになったんです」

 大下アナとほぼ同時期に入社したアナとしては、西山喜久恵(92年・フジ)、雨宮塔子(93年・TBS)、丸川珠代(93年・テレ朝)、八塩圭子(93年・テレ東)、久保純子(94年・NHK)、木佐彩子(94年・フジ)ら、かつての人気アナがズラリと並ぶ。

 大下アナはそうした“アイドルアナ”とは一線を画していた。その後も何度か「女子アナブーム」は繰り返されたが、そこで入社数年の若い女子アナがもてはやされ、20代後半のアナと入れ替わっていく現象が続いたため“女子アナ30歳定年説”と言われるようになる。

他分野に活躍を広げる女子アナも

 松本氏が続ける。

「“女子アナ30歳定年説”は約20年前くらいに囁かれ始めました。人気が長持ちしないことや、若い新人の突き上げが激しいこと、そして人気アナは早々とフリーに転身することが多いことから、いつの間にか定着しました。ただ、それはいわゆる“若くて人気のある”看板アナに限ったことであり、元NHKの有働由美子アナや大下容子アナのように、30歳を過ぎてから安定感のあるMCやキャスターとしてブレークするケースも近年はよく見られます。また、田中みな実や宇垣美里のように、フリーになっても人気を継続・加速させるアナもいるので、“女子アナ30歳定年説”は死語になりつつあるかもしれません」

 局に残りエグゼクティブアナになる道から、フリーになって女優に転身するケースまで、女子アナの働き方も多様化しつつある。

 
ロリポップ!あなたも月々100円(税抜)~でブログデビュー!

パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

【B.A RED】本格エイジングケアを始めたい方、必見!