miteのブログ

芸能ニュース

吉川晃司、及川光博、たかまつなな…芸能界の華麗な一族列伝

 芸能人の中には名家と呼ばれる家の出の人が少なくない。タレントのクリス松村は、外交官の父を持つ超エリート一家出身。東京・杉並の高級住宅地にある1000坪近い家に育ち、食事はクラシック音楽が流れる中でしゃべらずに食べるのがルールだったそう。

“王子キャラ”でブレークした及川光博(50才)の家には幼少期、メイドが3人おり、彼女たちに育てられたとバラエティー番組で明かしている。

 その威光が一代ならず祖先にまで及ぶ名家もある。

「うちには、家系図を記した本がありました」

 こう語るのは「お嬢様学校あるある」などを持ちネタとする芸人のたかまつなな(27才)だ。“日本の工業化学の元老”と称され、東京大学教授や東京ガス社長を歴任した化学者の高松豊吉を曽祖父に持つたかまつは、中高は神奈川屈指の進学校でお嬢様学校として名高いフェリス女学院に通っていた。「幼少期は、コンビニすら危険だから行ってはならないと親に言いつけられる」など数々の仰天エピソードを披露している。

「とはいえ、わが家はフェリスの中では普通の方だと思います。友人には、じいややばあやに高校生になってもお世話してもらっている人もいましたから」

 謙遜するたかまつだが、普通の家に家系図の本があることはまずないだろう。

「うちにあった家系図の本は、書店で売っているようなものでなく、代々続く高松家の歴史を説明したオリジナルのもの。新宿を開拓した祖先がいた、といったことが説明してある分厚い本でした」(たかまつ)

 歴史の教科書に名を刻むような人物が祖先にいる有名人も少なくない。

 DAIGO(42才)の祖父が、昭和最後で平成最初の総理大臣を務めた竹下登であることは言わずもがな。大物政治家の子孫が芸能界デビューする例は多く、松岡修造(52才)も、「カミソリ将軍」とあだ名がつくほど切れ者だった国会議員で実業家の田邊七六をはじめとして一族に多くの政治家を持つ東宝グループの創業家の生まれだ。

「人気騎手の武豊さん(51才)は、東京・上野の銅像でもおなじみの西郷隆盛の遠縁にあたるそう。広島出身の吉川晃司さん(55才)も、“三本の矢”のエピソードでも知られる毛利元就の血をひいています。

 地元の名門校に在籍していた当時は水球の最年少日本代表としてイタリアやエジプトに遠征したこともあるそう。卓越した身体能力は、戦国を生き抜いた武将から遺伝したのかもしれません」(芸能関係者)

SMAP滝廉太郎と同世代!?

 挙げればきりがない、名家生まれの有名人。彼らが活躍する理由を芸能レポーター城下尊之さんはこう分析する。

「いま活躍している『名家出身者』に共通するのは言葉遣いが美しいということ。例えばDAIGOさんや(歯科医一家の生まれである)サバンナの高橋茂雄さん(44才)が、汚い言葉を使っているのは一度も聞いたことがありません。

 また、年商約30億円といわれる東京・浅草大手仏具店『翠雲堂』を営む一家の令嬢で、中学生になるまで電車に乗ったことがなかったという山口もえさん(43才)も、一見おっとりした天然に見えますが、コメンテーターとして出演したときは、しっかり自分の意見を丁寧な言葉で言うことができる。爆笑問題田中裕二さん(55才)との再婚会見で出た『私にはもったいないかた』という発言など、まさにそのものでしょう」

 恵まれた環境ですくすく育ち、各界でその才能を花開かせる―何ともうらやましい話だが、当人たちには知られざる苦労もあるようだ。たかまつが言う。

「テレビはNHKしか見たことがなかったので、芸能界に入ったばかりの頃は、舘ひろしさん(70才)のことを制作スタッフだと勘違いしてマネジャーに大目玉を食らったり、音楽の教科書に載っていたSMAPを、滝廉太郎のような歴史上の音楽家だと思っていたので、ご存命だと知ったときは驚いたり…知らないことが多くて苦労しましたが、こうしてネタになっているからプラスマイナスゼロですね(笑い)」

 世間ズレした感覚も、名家育ちならではの魅力と言えるのかも。